歯周病治療を始めると|インプラントに切り替えると食べる楽しみが復活する

インプラントに切り替えると食べる楽しみが復活する

歯周病治療を始めると

歯

少しずつ進行する

30代や40代になると歯茎が下がってきたり歯と歯の間に隙間ができたりします。これは口腔内の衛生環境が正しく守られていないシグナルでもあります。歯茎が垂れ下がってきたり歯に隙間ができる原因は歯周病菌です。この歯周病菌は毒素を排出することで少しずつ歯の組織を溶かしてしまうので歯と歯の間に隙間ができたり歯茎が下がったような状態になってしまうのです。この歯周病菌は歯垢などに多く含まれています。歯垢に含まれる歯周病菌は食べ物のかすなどに含まれる糖分が栄養源です。歯垢は柔らかいため歯磨きなどを丁寧に行うことで取り除くことができますが、歯磨きなどで取り切れなかった歯垢は炭酸カルシウムを主成分とする歯石に変化します。この歯石はブラッシングでは取り除けないほど強固に歯の表面に固着します。そのため歯に付着した歯石は歯科で取り除く必要があるのです。

様々な工夫をしている

サラリーマンの悩ましいところは仕事などの都合で歯周病治療が受けにくい点です。これは歯周病治療は複数回に分けて継続する必要があるからと考えられています。そこで新宿の歯科では歯周病治療を受けることが難しいサラリーマンでも治療を継続できるように様々な取り組みを行っています。たとえば歯科の休診日は土曜日や日曜日などが多くなっていますが新宿の歯科では休みを利用して治療を受けられるように土日も診療を行っているところがあります。また昼休みの時間を利用して治療を受けることができるように治療内容を細かく区切る工夫を行って短時間で治療を行う取り組みも行っています。新宿周辺に勤めている方で歯周病治療を受ける時間がない方は継続した治療を受けることができる工夫を行っている新宿の歯科を利用しましょう。